センサー付きの防犯カメラは優れモノ!  


安い防犯カメラと高い防犯カメラの違いは、やはり性能の違いです。
センサー付きの防犯カメラは、闇夜でも反応が良いのが魅力です。
昼間は人の目もあるので、それほど危険ではありませんが、夜になると、闇夜に乗じて住居侵入している人を見過ごしてしまうこともあります。

センサー付きの防犯カメラだったら、人の目でもうっかり見過ごしてしまうような泥棒なども、しっかりとらえることが出来ます。かなり性能が良い商品が多く、価格も高くなってしまいますが、それだけ価値があるといえます。
やはり高い防犯カメラを買うのは非常に勇気が要ると思いますが、防犯カメラはやはり性能が良くないと、買ってから使えないことも多いので、それなりに良い物を購入する必要があります。特に映像の鮮明さを聞ける画素数などが低いと、せっかく決定的な瞬間をキャッチしても、画像が粗くて、犯人の顔がよくわからないなど、問題も大きいです。

カテゴリー: 防犯カメラの選びかた   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります