防犯カメラが故障しない設置場所を選ぼう!  


防犯カメラを外に設置する場合、出来るだけ故障しない場所に設置するのが大事になってきます。屋根の上などは、広範囲を見渡せるので、非常に防犯カメラの設置には良いのですが、風雨に晒されるため、非常に故障が多くなってしまいます。
屋根のついた玄関などが、やはり設置場所としては非常に良いですが、かなり限られた玄関部分しか映すことが出来ないので、撮影範囲が狭くなってしまいます。

設置場所は目的によっても、置きたい場所が違ってくるので、難しいですが、やはり出来れば屋根付きで、あまり風雨が当たらない場所にするのがおススメです。

防水加工の防犯カメラであっても、やはり風雨がひどい場所は、故障が多くなってしまいます。室内に設置する場合は、どこに置いても大丈夫ですが、屋外に設置する場合は、やはり出来るだけ風雨の被害が少ない所を候補にしましょう。

やはり風雨は防犯カメラにとって大きな敵です。

カテゴリー: 防犯カメラ設置のポイント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります